サプリ, スポーツ栄養学, 健康

フコイダンの効果と科学的データ

昆布やモズクなどに多く含まれるフコイダンは身体に良いと考えられていますが、実際にどのような科学的なデータの裏付けがあるのでしょうか。いくつかの主だったものを挙げてみましょう。某製薬会社と大学とが共同によるヒト試験では、60~86歳の18名(内訳は男性7名、女性11名、平均年齢69.4歳)にカゴメ昆布から抽出したフコイダンを1日当たり50mgと、乳酸菌を配合した食品を8週間与えたところ、摂取前と摂取後では免疫機能が向上することが確認されています。また、アレルギーの指標である血中IgE抗体の濃度に対する試験では、カゴメ昆布から抽出したフコイダンを長期間摂取したところ、血中IgE抗体が減少することが確認されました。

これによりフコイダンにはアレルギーの改善作用が期待できることが確認されました。さらにラットによる実験では、1ヶ月間普通の餌とフコイダンをミックスした餌を与えて比較したところ、体重や脂肪組織重量、血清コレステロール含量、血清中性脂肪含量などが減少の優位性を確認することができました。このように様々な効果が確認されていますが、副作用についてはどうでしょうか。天然の成分なので大きな副作用の心配はありませんが、植物繊維なのでたくさん摂取すると便が柔らかくなることは考えられます。

1日に適正な摂取量がどの程度なのか定められているわけではありませんが、摂取のし過ぎには注意したほうが良いでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です